知っておきたい信用取引の基礎知識

少ない自己資金で大きな利益が得られます

信用取引とは、証券会社からお金を借りて自己資金以上の株式売買を行う取引のことです。信用取引をするには、まず、委託保証金と呼ばれる担保を口座に預けます。そして、証券会社によって違うのですが、この委託保証金の3倍前後の売買取引が可能になります。信用取引には、信用買いと信用売りがあります。信用買いとは、委託保証金の3倍の資金で、株式を買うことです。買った株式は、証券会社が保管し、予め定められて期日内に株式の売り付けを行い、買い付けと売り付けの差額分で利益を得る取引です。信用売りは、別名、空売りまたは、ハタ売りと呼ばれています。証券会社から株式を借り入れ、それを期日までに売却することで利益を得る取引です。どちらも少ない自己資金で大きな利益を得ることができます。

リスク管理が大事です

信用取引は、自己資金以上の取引ができるので、大きく利益を得ることができる反面、大きく損することもあるので、リスク管理が大切です。信用買いの場合、安く買い付けて高く売ることができれば利益になるのですが、高く買い付けて安く売った場合は、損失になります。最悪、買い付けた会社が倒産した場合は、無価値となってしまう為、損失は最大となります。信用売りでは、株式売価時より株価が下がれば利益になるのですが、株式売却時よりよりも株価が上がってしまえば損失になります。どちらの取引も、借金して自己資金以上の取引を行うので、損失した場合の額も大きくなります。その為、損失が大きい場合、委託保証金の追加を証券会社から請求されます。利益は最大、損失を最小になるように、しっかりリスク管理しながら取引することが大事です。