信用取引は特徴をよく理解して

リスクが有ることを理解する

信用取引というのは文字通り、信用を元に取引をするものであり証拠金の三倍程度の金額を動かすことができます。
つまり100万円の証拠金がある場合、300万円の取引をすることができるので少額の資金でも大きいポジションを持つことができ効率のよい投資をすることができます。
通常であれば一定の証拠金の維持率を割ると強制決済され、借金にならないようになっているのですが企業が倒産などのような大きな悪材料が出た場合には強制決済を使用にも買い手がつかずに決済された時には、入金した金額以上の金額を損してしまう恐れもあるので注意をしましょう。
また、信用取引は証券会社からお金を借りて取引する形になるので手数料の他に、金利が発生することも覚えておく必要があります。

メリットも多いのが特徴

信用取引はリスクも大きいのですが、メリットも大きく使い方次第では効率のよい資産運用ができます。
まず、信用取引は手数料が優遇されていることが多いので現物で買うつもりで信用買をして現引きをすることで、手数料を節約することができます。
信用買のまま保有をしていると金利が発生してしまうので、元から現物で買うつもりであれば信用買をした直後に現引きをすると良いでしょう。
次に売却をするときには、信用売りをしてから現渡という形で返済をすればこちらも手数料を節約することができます。
手数料の節約だけでなく、信用取引には回転売買ができるという大きな利点があり一日の中で同一資金で何度も売買をすることができるためその分利益のチャンスも大きくなります。