信用取引の特徴と注意点

通常とは異なる株取引

近年、日本の経済政策によって株取引が盛んに行われるようになり、信用取引やミニ株、るいとうのような特殊な株取引を行う方が増加しています。
信用取引とは、資金や株式を担保に証券会社が資金より大きな金額での取引を認めるシステムのことを言い、取引は、証券会社に預けている金額の3倍まで行うことが可能で、例えば100万円の資金を預けていれば、300万円まで株を購入することが可能となります。
一方、ミニ株とは通常1株単位での購入が認められていない株を1株単位で購入できるシステムのことで、投資額を大幅に低く設定できるため、初めて株に触れる方に向いた投資方法です。
最後にるいとうですが、これは株式累積投資のことで、同じ銘柄に毎月最低1000円の積み立て投資を行うシステムのことを言い、少ない資金で長期投資を目指す方に向いた投資方法です。

信用取引の特徴と、損失が出た場合の注意点

このように、投資方法にはいくつかの種類がありますが、信用取引は大きな取引を行うことができるため、特に人気を集めています。
また、空売りもメリットのひとつで、通常の株取引は値が上がりそうな銘柄を予想して購入し、値が上がったところで売却することによって利益を得ますが、空売りはこの逆で、値が下がる銘柄を予想し、証券会社から株を借りて売却し、値が下がることで利益を得ます。
このため、ほとんどの銘柄の株価が下がっている時でも投資のチャンスがあります。
ただし信用取引にはデメリットもあり、予想と反対に大きな値動きがあった場合、損失も3倍となります。損失が証券会社に預けている金額よりも多くなった場合、追加で証拠金を入金するか、自動で決済されるので注意が必要となります。